無欲、それは苦しい

26歳OL一人暮らし

女のクズがたくさん見れる「東京女子図鑑」がやばすぎる

女にも大小様々なクズが存在していますが、優しい私たちはクズを見ても「こいつはクズ」と切り捨てることができません。クズの流れは強く、私たちは濁流に飲み込まれる葦よろしく、流されても踏まれても持ち前の精神力で持ち直すことを押し付けられています。しかし、もしクズのパターンを知っていればどうでしょうか? 2017年はもう女のクズに付き合いきれるほど時間も金も余っていないでしょう。

 

そんなみなさまには本日「東京女子図鑑」をおすすめしたい。こちらはみんな大好きAmazonプライムにて視聴していただけます。

 

東京女子図鑑のやばさ「主人公がクズ」

主人公「綾」は秋田生まれ秋田育ち。夢は無く、ただ「人に憧れられる存在になりたい」という思いから、就職を機に東京さやっできだ。ここでやばいのは、女性が憧れるものを手にしたいという原動力だけで東京にまでやってきてしまう綾の頭すっからかん具合です。銭勘定が出来ず夢を食って生きているため、新卒で月給21万円にもかかわらず青山一丁目で7万以上の物件を探し歩くという暴挙もやってのけます。甘やかされて育った田舎の女はすごい。

 

東京女子図鑑は主人公「綾」の年齢に合わせて、住む場所が変わります。最初は三軒茶屋、その次は恵比寿…となんとなく生活が上質になっていくように描かれています。場所と生活の質を紐付けている部分も非常に頭すっからかんでよろしい。特筆すべき頭すっからかんポイントは、30歳までにデートで連れて行ってもらえたら良い女とされる(らしい)念願の「ジョエル・ロブション」にデートで行けることが決まり、ジョエル・ロブションに行くための服を買う際にリボ払いを選択する部分です。

今まで何人の無謀な学生がリボ払いに泣いてきたのでしょうか。世界からリボ払いと戦争が無くなれば何人の笑顔を増やせるのかと思うと切なくなります。リボ払いを恐れず使う主人公の綾•28歳(新ブランドのPRマネージャー)は大人になっても金勘定ができないままなのです。

 

もしも綾がただの頭すっからかんならばクズとは言いません。

綾は三軒茶屋で知り合った、偶然にも同郷の彼氏との安定した幸せを「こんなの秋田でもつかめる幸せだ」と唾棄してしまうのです。彼氏いない歴8万5千年の私はこのシーンを見たことで、歯を食いしばり過ぎて歯茎から血が出ました。本当にありがとうございます。綾のクズの根深さは、自分の住むとこ・仕事・付き合う人・幸せを選ぶ基準が全て「世間の女が言う幸せ」に照らし合わせて選択されている部分にあるでしょう。そのため、いくら周りの人が愛情をかけても「それは羨ましがられない」と思えば一瞬で捨てられてしまうのです。

 

綾のクズさが霞むくらいに周囲もクズ

不思議なことに「東京女子図鑑」を見ていると、主人公・綾のクズさが気にならなくなるんですよ。なんでかと言うと、その周囲が綾を超えるくらいにアレなアレだからです。

 

会社の同期同士で足の引っ張り合いをする女たち。同期を貶めたくて興信所まで使う女。一緒に合コンまで行っておいて、主人公にハイスペックな彼氏ができると悪口を言う同僚。28歳の女を捕まえておいて「結婚する気はない」と言ってのける男……。香ばしい! 今4話まで見れるんですけど、その中でこいついいやつだなと思ったのはわずか2名で、なおかつちょい役でした。

 

本当、見てみてください

別に私Amazonプライムの回し者でもありませんし、東京カレンダーの回し者でもありません。人様の靴をなめて2銭もらうしがないその日暮らしなので何も関係ないんですけど、周りに「東京女子図鑑」見てる人を増やしたいだけなんですよね。女のある一定数は肩書きや、世間一般の幸せにどれだけ価値観を依拠しているのか、それがどうしてマウンティングに繋がるのか何となく伝わるドラマだと思います。同時に、自分のなかで一体なにが幸せなのか見つめ直す契機にもなるでしょう。ぜひ「東京女子図鑑」を見て「これがマウンティング…。このマインドは綾…。」と戦慄してください!