読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無欲、それは苦しい

26歳OL一人暮らし

女子高生最強説

いままで女性でいたけれど、その女歴のなかで一番どの時期が最強だったかといえば女子高生が最強だと思う。

 

現在26歳のわたしは生まれてこのかた性別・女。趣向も普通に女。見た目も女。26年の女歴と書けばなかなかにベテランではないだろうか。もはや職人。わたしは女の職人だ。アマチュアをぬけて、職人の域に到達した私は過去を振り返る。高校生のころが、女として最強だった。

 

女の価値を、女本体の価値と市場価値によって決まるものとしよう。女本体とは、それの性格であったり能力であるもの。市場価値とは、その女の見た目や年齢、外的に判断できるすべての価値を指すことにする。

 

女本体の価値で考えてみよう。体も皮膚も劣化することなく、モツのようにプリプリ。また「努力すれば報われる」という純粋無垢な精神を持っていたため、精神的に向上心があり、非常に真面目で素直であったと思う。最高じゃん。高校生であったとき、「今死んでもいい」と思うくらい毎日に満足していた。その8年後だかそれくらいに、逃避するために死にたい…と思うことも知らぬ高潔。渋谷西口の路地裏で人の靴をなめて10円もらう生活なんて考えてもいない。

 

次に、市場価値について考えよう。女子高生というものは、女子小学生や女子中学生よりも手が出しやすい。というのは、手を出したところでロリコン!と罵られないギリギリのラインだからだ。さて、女子大生といえば一般的だが、女子高生となるとそうでもない。女子高生と付き合えば「女子高生と付き合ってんの!」と驚きや羨望の眼差しで見られることが多い。ロリコン扱いもされず、さりとて一般的でもない受け入れられる非日常は女子高生である。

 

女本体の価値と市場価値で考えたときに、最高点数をつけるのは女子高生時代だ。

 

女子大生は怠惰の極まり。OLは日々を忙殺させて磨耗した。フリーになってからは存在がひたすら希釈されて、そこあたりに漂うだけとなった。自転車で突き抜けていく女子高生を見るたびに「今のお前たちが最強……!」と思う。

 

よく女子高生で「はぁわたしってブサイクだしもうしのう……」みたいないわゆる病みツイートみてると本当にもったいないと思う。マジレスすると、あなたが経年劣化していって、生まれもったその顔がブサイクからもっとブサイクになったときに、それはどんな選択ができるの。今が最高なの。

 

早々に頂点をとった私たち女は、もっとまざまざと自分の価値を理解したときにはもう、周りにあるもので殴り合いをするしかない。例えばSNSで生活をアピールして承認されて生きて行くしか、付加価値を出して行くしかない。そこからは女の価値の格差が起きていくものだ。女子高生はマダンテ。MPを使い切ったのちに見る地平線では、有象無象がひしめき合う衆合地獄だ。ああ女子高生は最強。女子高生みたいに高いところで綺麗な空気だけ吸って氷になって死にたい。