無欲、それは苦しい

26歳OL一人暮らし

就活生は図に乗ろう

さて、もうすぐ就活が本格的にスタートしますね。過去、就職氷河期と言われた時代に就活してた私から今年就活する皆様に言えることは図に乗れ、ということです。

図に乗るとは?

いい気になって勢いづく。調子に乗る。つけあがる。「少しでもほめるとすぐ―・る」(コトバンクから抜粋)

という意味であります。

勢いづいていいはずなのです。何故なら新卒の数が圧倒的に少なくなりつつある状態であるため、人事はどう新卒を囲い込むか考えていると推測できます。そのためここ数年の氷河期時代に則った就活は無駄、もったいない。あなたのその媚びへつらう時間がもったいない。

外資から受けよう


あなたたちはこれからの就職活動で優遇されるでしょう。思うに、ある程度の学歴があればESは通るようになります。学部関係なく通るでしょう。

問題は面接です。面接は習うより慣れろ。外資系の会社は選考時期が早いので「こんな会社興味ねぇ〜〜」というところも受けましょう。場数を踏めば踏むほど面接はエンターテイメントになります。そうです、図に乗るのです。

圧迫面接してくる企業とはさよなら


上述の通り、新卒の数が少ない中の就職活動です。人事たちはあなたたちに良さを知ってもらおうと躍起になります。さながら地下アイドルです。

こんな状況を読めない管理職が稀に圧迫面接をしてくる可能性があります。これは数年前ですと有効な面接手段であったかもしれませんが、いまや新卒の絶対数が少ない中で打つべき手ではないでしょう。つまりは時流が読めていない管理職が会社のこれからを握っていると言えます。さぁ図に乗りましょう!こんな会社はこっちから願い下げだぜ!


そんな感じでやれば内定の1つや3つとれるでしょう。もしよければESの添削くらいはできますのでお送りください。では渋谷駅で人の靴先を舐めながらお待ちしております。