無欲、それは苦しい

26歳OL一人暮らし

新卒で入社したものたちよ

新社会人の方たちこんにちは!もう辞めたいわ〜と思ってますか?思いますよね!あなたたちは自由の国から労働の国にやってきた異邦人なのですから。

礼儀わかんない


なんとこの20XX年にもビジネスマナー、社会的謎の礼儀があるのです。それを守って良いことはないですが、守らないと良いことがないという身を捧げるだけの行為です。

この礼儀に関しては、なぜ?という問いかけを一切やめましょう。脳内を停止させてただ受け止めてください。ただ受け止めて不器用なりにやってるだけでもなぜかいい社会人と判断されます

こういうのはマナーというよりサービスみたいなものです。社会的に良しとされてるものをやろうとするやつイコール良いやつ!という認識が自然となされるんだと思います。既存の社会的ルールに対して屁理屈こねくりまわさず、とりあえずやるやつが社会的に有能な新卒と判断されます。

なんでだよ!なんで頭回さずやるやつが有能なんだよ!


みんな頑張って大学出たんだから、それなりにプライドがありますよね。自分の脳で考えたい!本当に自立心がある人はそう思いますよ。

しかし、人を使う立場の人間は素直にすぐ動く人間のほうが使いやすいのです。それ私がやるべき仕事じゃないですよね?とか言い出して仕事をストップさせる人に次も発注かけたいと思いますか?めんどくさい!もう発注しないですよ。とりあえずあいつに仕事投げたらやるぞ、という認識をつけることで良い仕事は巡ってきてくれます。

愛されてると思ってる


今までの人生はきっと、周囲の人々を選べました。大学なんて特にそうです。好きな集団を選べて、愛されて過ごしてきました。

社会に入ると選べない。生理的に相反する人々のなかで生活を過ごさなければならないのです。ですから、あなたがたが社会的に愛されてるという認識を一度全て忘れて、愛されるにはどうしたらいいのか?という問いかけをおこなうべきです。

それでも文句を言いたいなら


文句は言ってもいいのです。私それやります!と言いつつも「しぶしぶですよ?」と言いながら、もうやだよ〜つらいよ〜わかんないよ〜と泣き言を言いつつ仕事しても良いのです。仕事を選ばずともつらいことはつらいと言いましょう。

私はこれらを守れず社会カーストの最下位に位置し、渋谷駅西口で人の靴をなめる仕事をするようになりました。みんなどうか私のように失敗しないでください。