無欲、それは苦しい

26歳OL一人暮らし

結論ファーストに囚われる社会人たち

社会人になって教わることの1つとして、「結論ファースト」という言葉があります。

 
それは文字通り、結論を文頭に持ってきて話し始めろ、ということ。結論を頭に持ってくることで、話の要点が素早く分かるのです。
 
時は金なり。瞬時に報告・連絡・相談ができれば金はそれだけ効率良く動くだろうという考えもあるでしょう。
 

へんな結論ファーストに囚われているぞ!

 
「結論〜……」から話し始める人がいるんですよ、稀に。ごく稀に。結論〜から話し始めて、その内容が結論じゃないことがあります。むしろ話の「まくら」みたいな。しまりが無い話されて、聞きながら要らないマシュマロ食わされてる感覚がするんです。それくらいピントがボヤけた結論球を多く投げられる。お前たち結論ファーストなんか止めちまえ!!!!
 
しりとりみたいな感じに思ってる人いるんじゃないですか?!結論ファーストって、「結論」という単語から話し始めれば良いわけじゃないんですよ!!結論って言ったからセーフなんていう地域ルールがあるんですか?!やめてよ、そういう独自のやつ止めて!
 

いっそ普通に話してみたらいいんじゃないの

 
どれが話の要点かって、聞く側の問題だと思うんですよ。話し手と聞き手の意図を一緒にさせるって相当難しいと思うので、どこがオチなのか聞き手に任せてみたらどうです?
 
話し手は「結論」という言葉を使わず自分なりのオチを頭に持ってきた喋りをしたらいいと思います。
 
結論〜〜から始めると聞き手側としてはそこを慎重に聞こうとします。それがもし聞き手側として結論に聞こえなかったら?聞き手側としては無駄な労力割いちゃってしんどいです。
 

世の中のおとなは結構適当に喋ってる

 
私今、ルノアールにいるんですが仕事っぽいお話もチラチラ聞こえてきます。それでも、みんなタラタラ喋ります。
 
もしもみんなの話し方が最適化されてコミュニケーションを超高速に回すことが出来れば、みんなもっと裕福になってますし、効率のよい社会になっています。
 
結論ファーストと教えられながらも時にタラタラ喋るということは、万事が結論ファーストであるべき、それが最善ということではないのです。
 
ですから、時に結論を頭に持ってきたり、タラタラ背景から話したり、話しやすいようなやればいいと思うんです。
 
何より、結論〜!って得意げに話す奴の耳に電話線なら針を吹き付けて脳を壊してやりたいという憎たらしさがあるので、私にはしないほうがいいでしょう。